事故

事故車買取の廃車本舗に依頼する事になった。※衝撃写真あり

こんにちは、コロナは少しずつ落ち着いてきたのでしょうか。。

東京アラートといって警告を促していますが、緊急事態宣言を解除したことで、夜の街は少しずつ賑わってきています。

専門家も「宣言解除は早過ぎると考えている人」も中にはいたそうです。正直私自身も、解除は6月中旬頃かなと思っていました。

そんな中、先日、兄が雨の日に縁石に乗り上げて事故ってしまいました。車は横転し下腹を出した状態になっていました。イメージは亀がひっくり返った感じです。

兄曰く、カーブでスリップしそのまま縁石に乗り上げて横転したそうです。近くに横断歩道もあり、歩行者がいなかったことが幸いでした。

それから警察に通報し、レッカー車などの手配。

色々大変だったみたいですが、その後の事故処理もこれがまたお金がかかって大変でした。

自分で依頼して、民間のレッカー車が来ればまだ金額は安かったのですが、警察と提携しているレッカー車が来たので、普通の約2倍のレッカー代で費用は15万円です。

車も修理できるわけもなく、廃車にする決意をしたのですが、廃車代がかかってしまう。

因みに事故った車はこちらです・・・。

 

事故車

 

事故車

 

車種はホンダのエディックスという車です。

どう見てもこんなの直せるわけないし、売れるわけがないと思いますよね。

ところが、事故車を専門に買い取っている業者があるんです。私も事故車の記事を書いていて参考にしているサイトがあるので皆さんにも共有します。こちらです→(事故車買取 おすすめ

今回、4社から見積もりを取って一番高く買取価格を提示してくれた廃車本舗というところに決めました。

気になる買取価格ですが、15000円でした。これが高いのか安いのかと言われると私はこんな鉄くず同然の車が15000円で売れるならと思いました。

廃車手続きに必要な書類

・車検証
・リサイクル券
・自賠責保険証明書
・譲渡証明書
・自賠責保険証明書
・自賠責 承認請求書
・実印
・印鑑証明書
・身分証明書(免許証でOK)

書類だけ見ると、こんなに集めなければならないのか。と思いますが、大体は車検証と一緒になっていることが多いです。

自分で取りに行く書類は、印鑑証明書、実印くらいではないでしょうか。

身内が事故を起こして、初めて思ったのですが、任意保険は必ず入っておきましょう。任意保険に入ってないと事故で壊してしまった、ガードレール、カーブミラーなど全て自己負担になってしまいますし、これがまた高い!!

今回は人が居なかったので良かったのですが、万が一人を巻き込んでしまった事故だと大事です。

皆さんも運転には気を付けましょう!

事故車を売るときのコツ

 

事故車買取のコツ

写真AC

こんにちは、コロナウイルスの影響を受け、マスクがない状態が続いていましたが、最近少しずつスーパーや薬局などで見かけるようになってきました。

ところで、皆さんの手元に「アベノマスク」は届きましたか?私は関東に住んでいるのですが、いまだに届いていません。使い捨てのマスクはあと200枚ほど在庫があるので良いのですが、いったいいつ届くのやら・・・。

さて、前回は「なぜ事故車でも売れるのか?」について解説しましたが、ご覧いただけたでしょうか?見てない方はこちらからご覧ください。

 

なぜ事故車でも売れるのか?

 

本日は「事故車を売るときのコツ」についてお伝えしていきます。

事故車だから査定額がつかないと思い諦めるのはまだ早いです。とはいえ、通常の車の買取査定とはまた勝手がちょっと違います。

事故車の買取の際のコツをご紹介しますのでご参考ください。

【事故車買い取り業者を探す】
事故車の買取を検討している場合、事故車を専門に扱っている買取業者をまず探してみましょう。
通常の車買取査定で出してしまうと査定額がつかないまま無料で引き取ってもらうという事もありますので、注意してください。

事故車買い取り業者だと、あまり買い取り例が少ない上に需要がある車種など、状況にによってはそれなりに良い価格での買い取りをしてくれる場合があります。

【車解体業者に相談してみる】
事故車の程度にもよりますが、廃車にするしかないかなという程度の事故車の場合、車の解体業者にお願いしたり、スクラップ業者に相談してみるという方法もあります。

買い取り価格に関してですが、鉄資源と考えた場合、鉄の相場によって買い取り価格が変動することがあります。

注意点としては、自分で持ち込む形です。
出来れば自分で運転する形で持ち込む方法をおすすめします。
自走できない場合、引き取り手配で逆にかかってしまう可能性もありますので、持ち込みにかかる経費も含めて検討した方が良いでしょう。

なぜ事故車でも売れるのか?

事故車買取

写真AC

 

こんにちは、こちらの「事故車買取の学び舎」では事故車を高く買い取ってもらう際のコツや注意点などについて書いてこうと思います。

一生事故を起こさない方もいると思いますが、事故車=廃車ではなく、事故車でも売れる可能性があるということを学んで頂ければ幸いです。

では、早速!!

車の買取り査定では事故車だと査定額が付かなかったという話を聞いたことがありませんか?

事故車だと査定も期待できないと諦めるのはまだ早いです。事故車でも売れる可能性があるかもしれません。
破損個所も多く、走れない状態の事故車でもなぜ売れるのか?その理由を見ると納得できます。

 

パーツが使える

事故車で破損個所があるから車としては活用できないかもしれません。でも、他のダメージを負っていないパーツは取り外して、他の同車種の修理に使えます。

取り寄せをしないで純正パーツを入手できると考え、事故車でも買取を行う業者さんもいるのです。

海外へ輸出する

日本国内のみの利用だけではありません。海外へ輸出することができるケースもあります。
日本車は性能が良いという特徴から海外での需要はすごく高いんです。

海外への輸出で高値で売れると判断した場合は、たとえ事故車でも買取りしてくれる可能性があります。

資源として利用できる

事故車といえども車は鉄など金属の資源となります。
スクラップした車は鉄資源として取引されますので、価値的にはそれなりにつくと考えてください。ただ、鉄としての買取という事でその時の相場によって買い取り額が変動する場合があります。

 

いかがでしたでしょうか?事故車=廃車という考えが少しは変わったのではないでしょうか?
そのまま廃車手続きをしたら逆にお金を取られてしまうのに、事故車買取専門店にお願いするだけで、捨てるはずだった車が、数万円になるんです。